人気が高まる登録販売者と仕事の見つけ方

登録販売者の募集

登録販売者の活躍の場はどんどんと広がってきています。その就職先を考えてもいろいろなところが出てきました。主となってくるのは、ドラッグストアと薬局になるでしょう。この二つの区別はどんどんとあいまいになってきており、どちらも業務形態から考えて薬剤師が必要で、登録販売者もいなければなりません。実際の業務を考えても、第一類医薬品の販売と指導、相談といったことと調剤ができないといったレベルです。非常に広範囲の仕事ができるようになるのですから、有効な人材になるのは間違いありません。

さらに広がってきているポイントとして、コンビニエンスストアやスーパーでも働くことができるようになりました。変わったところでは、医薬品の販売をおこなっているホームセンターも候補に挙がってきます。募集がどんどんと拡大してきているのは間違いありません。

こうした業種を見てみると、共通のポイントになってくるのが接客があるということになるでしょう。医薬品の販売以外にも、商品を販売しなければいけません。丁寧な説明も必要ですし、店舗によっては仕入れなど経営に関する仕事も待っているため、管理能力を含めて総合的な力も要求されることがあるのです。